MENU

任意整理と他の債務整理との違い

債務整理の方法には主に任意整理・個人再生・自己破産の3つの方法があります。

 

これらの手続きは共通点もありますが、それぞれに特徴もあり、どの方法を選ぶかによって今後の返済の仕方も大きく変わってくることになります。

 

どの方法を選べば自分にとってメリットが大きいかということをしっかりと確認してから、最適な方法を選ぶようにすると良いでしょう。

 

この3つの債務整理の方法で大きく変わってくるのが、減額できる借金の金額です。

 

たとえば自己破産の場合は裁判所から免責の決定がおりれば、すべての借金を帳消しにすることができます。

 

しかし、その一方で自分の所有する財産をほぼすべて処分する必要ができてきます。

 

個人再生は自己破産のように帳消しにできるわけではありませんが、大幅に借金を減額することが可能なので多額の借り入れがある人に向いています。

 

また、個人再生の場合は住宅ローンは対象外となるので、マイホームを失うことなく借金を減らすことが可能です。

 

任意整理は減額できる金額は小さいですが、その一方で自由度が高いのがメリットです。

 

自分が希望する債務だけを減らすことができますから、住宅ローンだけでなく自動車ローンや教育ローンなども除外することができます。

 

任意整理が個人再生や自己破産と一番違うのは、裁判を行う必要が無いということです。

 

裁判をすれば、その情報は官報に掲載されてしまうので、自分が債務を整理したことを他人に知られてしまう可能性がありますので、誰にも知られたくないという人には最適です。

 

ただし、あくまでも債権者と債務者という当事者同士の和解という形で借金の減額が行われるので、決定内容に法的な強制力はありません。

 

この点は裁判の決定によって行われる個人再生や自己破産と大きな違いです。

任意整理という借金の整理

返済が難しい借金を任意整理で整理することができます。

 

任意整理とは債務整理の中の一つの手段であり、法律家に依頼して債権者に借金減額の交渉をしてもらう方法です。

 

これにより借金が減り、返済の負担の削減に繋がります。

 

ただ、減額できる額は一様ではありません。

 

一般的には利息分の免除とされているので、元金を減らすことはできないでしょう。

 

また、減額の有無は債権者の意志によるので100%減額できる保証もありません。

 

それでも多くの方は任意整理を選択しています。

 

減額の保証はないといっても、基本的には不可能なことではないので、ほぼ成功すると思ってかまいません。

 

さらにマイホーム、土地、生命保険といった財産を失うこともなく、減額のみができるのでメリットは大きいでしょう。

 

整理に関して、法律家に依頼するので債務者自身が何かをしなくてはいけないこともありませんし、減額されるのを待つだけです。

 

ちなみに、整理中は返済の義務が停止するため生活の立て直しに集中できます。

 

減額ができたら、残債務の返済計画を立て直し、原則3年間(最大で5年)で完済するようにします。

 

整理する債権者は自分で選べます。

 

例えば3社と契約している場合、1社のみを整理してもいいですし、3社すべてを整理しても問題ありません。

 

一つデメリットとしては、整理後の数年間は新たな借り入れ契約ができなくなるという点です。

 

ただ、この間を過ぎれば新たに申込みをすることができます。